笑顔を創り出すコミュニケーションへの挑戦 お金に悩まされずワクワク本業に専念できる環境創りをバックアップ

АݗTCg

^kZ^[TCg

}KzM

Weboc}KW

WebZ~i[

◆1月号 『バベルの塔』

                         【バベルの塔】
  
 昨年はAI(人工知能)が囲碁の世界チャンピオンに勝つなどその進化にブレイクスルーが起こりました。最近では会計士監査に人間の恣意性が入らない様にするためにAIが導入された、というニュースもありました。

 ソフトバンクの孫社長は2018年にはAIのIQが人間の脳を超え、さらに30年後にはIQが1万になると予測しています。
 東大生のIQが120くらいと言われていますので、想像を超える未来が訪れるかもしれません。東大合格を目指すAIの「東ロボくん」も、すでに東大二次試験問題の理系数学で偏差値76をたたき出したそうです。(ただし科目に得手不得手があるため、センター試験で足切りになるようですが…)

 楽天的に考えれば、30年後はAIを活用したすばらしい世界になるでしょう。そうなると言葉の壁もなくなり、世界中の人とも気軽にコミュニケーションが楽しめるようになると思います。

 しかし、旧約聖書「バベルの塔」の物語で、神々がいる天まで届く塔を建てている人間たちに、そんな塔を造らせない様にするために言葉を分けコミュニケーションができないようにし、集団を散り散りにした、という話があります。むやみに神に近づこうとすると、大きな代償をはらうことになるのかもしれません。

 今年、24年ぶりにブリューゲル作の「バベルの塔」が東京に来日しますので、ぜひ見に行きたいと思います。

PDFはこちら

2017年 1月 13日


ページトップへ戻る

〒491-0053 愛知県一宮市今伊勢町本神戸無量寺東15‐1
TEL:0586‐26‐5566 FAX:0586‐26‐5567